FL Style Fan -懐古趣味-

出来すぎ??

6/21Sat 
 
 南十勝の道の駅で目を覚ました朝、外は前夜から引き続き雨模様。早朝に雨音で目が覚めちゃったんで、取りあえず近所のセイコマまで朝食を買いに行く。パンとバナナで軽く朝食を済ませてスマホで天気予報を見てみると、この日は一日雨予報で、翌日、翌々日も雨の予報。日にちの限られた旅じゃないし、わざわざ過酷な釣りをしなくてもイイ訳でして、それじゃ十勝は後回しだなってことで予報の悪くない道北の方に行ってみることに。予報通り北に行くにつれて途中から雨も上がり、数時間走って昼過ぎには山間のとある渓流に到着。
c0060452_21583107.jpg
典型的な北海道山間部の渓流。川岸が無くて、水量が多いと歩くのがめんどい。


 





 川に降りてみると、思ったより平坦で全体的に浅い流れだし、所々にある石の脇の深みやら落ち込みも、それほど深くないので大きいサイズは期待出来ない感じ…
取りあえず、魚の付いていそうなそれなりに水深のあるポイントだけ探って釣り上がり。
すぐにフライへの反応は有るものの、全部お子ちゃまばっかり。それでも最初に辿り着いた大石の脇の深みでライズを発見し、そこにフライを流してみると、この旅初のそこそこまともな魚の引き^^ と思ったら…


c0060452_21584034.jpg
サイズは前日のと変わらず、30cmに満たないニジマス。


 それでもさすがに野生化した北海道のニジマスは、このくらいのサイズでも結構楽しませてくれます。
ただ、この川の規模からすると、これ以上はあまり望めないかな?と思ったりして。
そして少し遡行してようやく水深2mほどの小さめなプールも到着。取りあえず、下流側から流してみると…


c0060452_21583830.jpg
少しサイズアップ。35cmくらいで、元気いっぱいのお年頃な感じ。体高もあって、結構跳びました。


 まぁ、このくらいの魚は上流に走られることも無いので、次に核心部の流芯へフライを投下すると…
ゆーっくりと大きな影が浮上して、これまたゆーっくりとフライを咥えて沈んでいきました。と、ここでロッドを煽ってフッキング。かなーり重くて、どっきどき。今回初のそこそこの大きさの魚だったんで、「バレるなよ~、バレるなよ~」と頭の中で念じながら、下の強い流れに入られないように耐えてランディング。しようとしたら、見事下の流れに入られちゃいました(^^;;
それでもなんとか浅瀬に誘導してネットイン。


c0060452_21583507.jpg
精悍な顔付き。見事な鼻曲がりのオス。色合いも絶妙。よくこんな川に居たなぁ。


 まさか、前日のちょい釣りを除いて、釣り初日っからこんな魚が取れちゃうとは思わなかったんで、まだまだ長い旅なのに、この後釣れないと気が抜けちゃうんじゃないかと心配になっちゃったりしてw
まぁ、長さは50に少し足りなかったけど、これだけカッコイイ魚が釣れればもう満足^^ ちょうど霧も出てきて熊さん日和な感じになってきたんで、ここで撤退。この後は一路夏の仮住まいをする湖畔へ。


 つづく。




[PR]
by wyatt_50s | 2014-06-21 21:57 |