FL Style Fan -懐古趣味-

ウィンドシールド交換

 最近めっきり投稿が減ってしまった。
やっぱり軟弱なバイク乗りのBlogってのは、冬は話題が乏しいですよねぇ。
いや、MTBもあるんだけど、特に話題に出す程遠乗りしてないし。

ま、今回は以前のエントリで話題にしたウィンドシールドを付けたのでご報告ってことで。

c0060452_2005214.jpg 
こんな感じでございます。





 さてさて、何が変わったかって言うと、シールドのトップ。
今まではトップの形状が丸みのあるモノだったんだけど、今度のは1940年代末から
1950年代くらいにかけて、Hydra-Glide(ハイドラグライド)などに付けられていたシールド
のレプリカで、トップの形状が少し尖ってるんですね。

c0060452_20542862.jpg
 
勿論このシールド、カタログ上ではハイドラグライドに適合するモノなんだけど、それ以降の
FLモデルに付ける上で違う所は大して無い訳で、こうしてソフテイルのFLモデルにもちゃんと
付くんです。違う所が何処か、簡単に言うとフォーク幅なんですね。
ボルトの留め位置と装着方法は現行モデルと変わらないんですが、1949年から続くグライド
フォークの幅は、FLH系では現行モデルのロードキングなども同じだった筈ですが、
ソフテイルのFL系は幅がほんの少し狭いんですね。以前測った時の記憶が定かじゃない
んだけど、1センチ弱だったかな。
ま、僅かな差なので、ウィンドシールドもFLH系のモノが装着可能な訳です。

 今までこの形状に憧れてずっと付けたかったんだけど、販売しているV-TWINにも在庫が無くて、注文してもバックオーダーのまま入荷の見込みが無いって言われてたんですね。
それから約二年、ようやく念願のスタイルが手に入りました。ま、細かいこと言うと純正と比べると金枠の形状だとか、シールドの曲がり具合が微妙に違う気もするけどほぼ満足( ̄ー ̄)v
[PR]
by wyatt_50s | 2006-02-08 19:58 | モーターサイクル