FL Style Fan -懐古趣味-

木曽路

7/28Sun
 7月の最終週末に、ご近所釣り仲間のRyuさんから誘われて涼しい(だろう)木曽に日帰り釣行。
木曽はもっと行くつもりで年券を買ったのに、5月の連休以来ずっと訪れていなかったのでした(^^;;
今回はRyuさん夫妻の車に同乗し、早朝出発して中央道をひた走り…
木曽路は思ったほど涼しくなくて、山の下の方はちょっとじっとり。気温もそこそこ高いので、取りあえず標高の高い水温の低そうな小渓流へ。


c0060452_21150794.jpg
 Ryuさんと、奥様のNチャマ。流れが細いので、3人で交互に釣り上がり。でも、ここぞって所でも反応ナシ~。








 最初に入った川は、水温こそ適温だったんだけど、少し釣り上がっても全然反応ナシ。先行者が居る訳でもないんだけど、人が散々入っているんだろか。

 それでも少し釣り上がっていると、ちっちゃなポイントから反応が。一発目は僕がいただきましたw

c0060452_21150779.jpg
 サイズは20センチほどしかなかったけど、木曽のヤマトイワナ(だと思われます)。



 その後、2尾ほど同じようなサイズを追加したけど、全体的に反応が渋いので移動することに。
次に訪れたのは、有名河川のC&R区間。だけど、どうやら先行者が居るっぽい感じ。それらしい車も停まってるし。
でも人影は視界には入らないので、取りあえず釣り開始。少し上ってたけど、またもや乏しい反応。ライズしているのも小さい魚みたいだし。

 そして途中で分流していたんだけど、Ryuさん夫妻は本流筋へ。僕は分流の細い流れの方を釣り上がり。で、図らずもそれが当たったみたいでして、先行者は本流筋を上ったのか分流筋に入った途端に反応ヨシ! 


c0060452_21150760.jpg
 一番大きいので9寸のヤマトイワナ(と思われる)。ゆーっくりとフライを咥えてくれました。



c0060452_21150728.jpg
 そして分流から合流した先のプールではライズが多数。でも、何にライズしているんだか分からず、とっかえひっかえフライを投げてみたけど不発(--;;


 夕方になり、そろそろ暗くなり始める丁度良い頃合いを見計らって、当初から計画していた通り、とあるプールへ移動してモンカゲのハッチを待ちます。ところが…


c0060452_21150624.jpg
 期待していたほどモンカゲロウのハッチは多くなく、ライズも少数。それでもライズを目掛けて、モンカゲのイマージングフライを投げるRyuさん。少ないライズを仕留めて、何本かイワナを上げていました。

 僕はと言うと、立ち位置からライズまでが遠いし、ライズも散発的なのでなかなか狙うことも出来ず。それでも辺りが暗くなって、そろそろフライが見えなくなる頃、投げた白いパラシュートに岸際から派手に出てきました♪


c0060452_21150752.jpg
 尺には満たなかったけど、見事な体高とかっちょイイ顔をした♂イワナ。体色などの特徴から、この地域の在来種では無さそうだったけど、惚れ惚れする魚だったので満足ー♪

 そして〆はGWに来た時にも寄った、ちょっと変わった佇まいの中華料理屋で晩御飯。伊那の町中なんだけど、ここが結構美味いんです♪ 木曽に行く時の食事は、絶対またココだなw

c0060452_21150772.jpg

[PR]
by wyatt_50s | 2013-07-28 21:00 | 釣り