FL Style Fan -懐古趣味-

竹や~、竿竹~♪

11/11Sun
 先日、またまた外国来の郵便物が到着。
生憎不在だった為、ポストに不在票が入っていたのだけど、送り人の欄にはこう書かれておりました。
送り主「Poland様」。ポーランド様って?? ま、すぐに分かったけど、差出人の欄に書かれたポーランド語が分からなかったのか、発送国の名前が書いてありました(^^;;

 で、荷物の詳細はと言いますと… 竹竿であります。Bamboo Rod。フライフィッシング用のバンブーロッドです。はるばるポーランドからやって来ました。ポーランドから買い物したのなんて、初めてです。

c0060452_16423151.jpg





 今迄僕がフライフィッシングに使っていた竿は、現在色んな分野の釣りで主要な材質となっているカーボン製。所謂グラファイトロッドです。個人的にグラファイトロッドを光にかざした時に見える、表面にカーボン繊維を巻きつけたリングの模様が好きで、近代的な材質ながら仕上げ方によって、クラシックな風合いも出せる素材だと思います。ですので、古典的な竹竿(バンブーロッド)には興味ありませんでした。先入観で重い!ってイメージだし、手入れも面倒そうだし。ただ、昨年辺りから一昔前の主流だったグラスロッドを使ってみて、キャスティングの感じや魚を掛けた時に釣り味が良いなぁと思うようになりまして… ま、そのロッドの味付けもあるんでしょうが。そんなこともありまして、似たような釣り味ではないか?と思われるバンブーロッドに、ちょっとだけ興味が湧いてきたのでした。

 そんな折、ScottのバンブーロッドであるモデルSCのビルダー、Bernard氏が来期から契約更新しないとの噂が。そう言うのに弱いのが悪い癖w はっきり言って、誰が作ったのが良いとか、その辺の拘りは無いんだけど、知り合いからの話を聞くに、彼の作る竿は良いらしい。こりゃ今買わないと、ってことで行きつけのショップに注文出来るか訊いてみる。そしたら、既に入荷予定モデルに限りがあり、入荷予定は7ft5in#4Lineのみ。取りあえず、それはそれで押さえるとして、3番も欲しいなぁとアメリカのショップを探しまくるも、やっぱり既に3番は売り切れで廃盤らしい。

 そんなところ発見したのが欧州はポーランドのショップなのでした。在庫で一本だけ持ってるってことで、早速注文、10日程で手元にやってきました。早速繋いで振ってみたところ、柔らかすぎず、自分にとっては合いそうなイイ感じ♪ ってことで、来年の解禁が待ち遠しい~。早く春にならないかなぁ。やっぱり最初は管釣りのニジマスじゃなくて、渓流魚じゃないとね!

c0060452_16422545.jpg

[PR]
by wyatt_50s | 2012-11-11 16:46 | 釣り